良い探偵選びの第一歩

興信所で働く探偵の仕事はリスクが多いと言える。 一日24時間を業務に費やす時間が長い事や、調査結果にこだわるほど「細かな仕事も山積」になりがちである。

一言で「優良で結果にこだわる探偵ほど忙しく日常を過ごしている」ということになる。

探偵を選ぶ基準が存在するならば条件の一つとして記憶することも悪い事ではないと考える。

そもそも「良い探偵の条件とは?」何かを模索した場合に「何を基準にすることがベストな選択」に繋がるかが「依頼する立場の人物には最も重要なポイント」となる。

探偵や興信所・調査会社といった情報を提供し報酬を得る業者の見極め方として参考になればと考え少しお話ししたい。

探偵事務所によって異なる得手不得手

まず、探偵業者にも「得意・不得意な調査項目が存在」している。

個人や少数で運営される「探偵や探偵事務所」に信用調査や法人同士のトラブルがらみの調査を依頼しても「納得の行く調査結果が期待できない」ことが殆どだろう。 総合的な調査力が必要な調査に関して言えば「調査業者の規模」がある程度大きくなければ「多くの情報を得る調査を展開」する事が実質的に困難であるからに他ならない。 まして、小規模な探偵や探偵事務所はせいぜい数名のスタッフで形成されている場合が殆どであり「相談・営業・依頼・調査」の全てを数名で行った場合を考えていただければ察しはつくとは想うが「詳細な調査は実現し難い」と言えるのである。

そこで、抱えている問題に適した調査先の選択を間違えない事が「良い探偵選びの条件」としての第一歩と考えられる。

浮気調査や恋愛がらみのトラブル・異性問題といった「極めてプライベートな調査依頼」ならば探偵や探偵事務所の十八番と言えるだろう。 調査手法や解決の為の選択なども過去に解決した案件のノウハウを活かし「スマートで低価格な調査を提案」してくれる事だろう。

このような調査を「大手探偵や興信所・調査会社に依頼してしまうと大きな出費」となり、長期間に及ぶ調査方法の割に「納得の行く調査結果が得られない」というケースが多くなる傾向が強くおすすめ出来ない。 大手と呼ばれる規模で形成されている調査業者は「莫大な広告費を投じ・全国に展開する支社」を運営するために「依頼人から高額な調査費用を報酬として得る」で運営しなければならない事情が存在しているからである。

それでは人探しや所在の確認といった調査に関して適した依頼先は?と考えた場合に「大手を選択するべきか?小規模探偵に依頼するべきか?」迷いが生じる場面である。

大手調査業者の人探しや居住先の調査などは「着手金プラス成功報酬」という料金が提示される場合が殆どである。 小規模探偵が人探しや所在調査を実施する金額の「倍を請求金額として見積もる」のである。 お解りなる通り「業者の規模によって提示金額が全く異なる」と言え「如何に多くの業者に問い合わせし見積」するかで所在調査にかかる費用は大きく違ってくるのである。

このように「依頼する内容に適した探偵業者や調査業者のチョイス」は最も大切な「良い探偵選び」の第一歩なのである。

やや面倒なことかも知れないがきちんと選ばなければ損をして却って来るとおもうべきである。 知らないことが「大きな損失」に直結していることが探偵や興信所・調査会社が実施する調査と言える。

不安を煽っているようで申し訳ないが、これは探偵業界の現実の一つである。もちろん本来悪いのは探偵業界の方なのであるが・・・ 問題を無視できない立場にある依頼人たちにとっては避けて通れない道とも言える。

ここで時間や手間をかけて厳選するかどうかで費用や後々の満足度が大きく変わってくるのは間違いない。

吟味し時間を十分にかけて「複数の探偵と面談」することが如何に重要であるか実感されることと思う。 最終的に大事な要点はあなた自身の感覚と合い、気に入るか否かであるのだが。

わざわざ気に入らない探偵に依頼することほど無駄でばからしいことはない。探偵事務所側にせかされて契約してしまうのは絶対に避けなければならない。 飽和状態ともいえる探偵事務所であるが、逆にご自身にあった探偵事務所がそれだけ存在する可能性があるとも言える。

絶対に譲れない条件を決めてから選んだ方が見つかる可能性は高いのではないだろうか。 気をつけなければならないのは焦って決めてしまわないことだ。

このページの先頭へ